妊婦

食事での摂取が難しい葉酸はサプリで効率よく摂ろう

このエントリーをはてなブックマークに追加

不妊治療の補助金

カップル

条件をクリアする必要がある

体外受精を始めとする不妊治療は、現在自治体などから補助が受けられることがあります。生殖医療を手掛ける病院も登場し、大阪では不妊治療専門のクリニックが人気です。現在、生殖医療を受けるためには、一定の条件が設けられます。婚姻の事実があることなどが、必要とされている条件です。事実上の婚姻関係でも治療は受けられますが、公的な住所が異なると不可となります。また、他の相手との婚姻関係が継続している場合にも、体外受精の対象外です。体外受精などの高度な生殖医療は、婚姻関係にある夫婦を対象に行われます。ですので、複雑な事情を抱えている場合は、状況を整理してから治療に臨むことが必要です。大阪の病院でも、治療の開始時には書類の提出を求めています。

連携プレーが大事

採卵や培養が必要になる体外受精では、治療にも一定の日数が必要です。この手の治療を行う医療機関は限られているため、時に通院の負担が増えます。このようなケースを見越して他の医師との連携プレーを推奨しているのが、大阪の病院です。遠隔地から来院する患者を対象に、大阪の病院では柔軟なスタイルで治療を提供します。このスタイルを利用すると、採卵や診察以外はすべて地元の医師の元で行うことが可能です。排卵誘発剤の注射などを地元の医師に任せることで、大阪への通院日数を最小限に抑えます。治療に手を貸してくれる医師が見つければ、かなりメリットの大きい方法です。不妊治療を行う病院は近頃全国的に増えており、協力的な医師も見つけやすいと考えられます。