心の問題を持つ人を助ける

相談

様々な分野にニーズがある

心理カウンセラーとは悩みや心の問題を持つ人に対して専門的な知識や技術を用いて心理的な援助を行う人です。心理カウンセラーになるためには高校卒業後、大学や短期大学、専門学校で専門的な知識や技術を習得する必要があります。また心理カウンセラーの資格試験を受けて資格を取得することにより就職に有利になります。心理カウンセラーの資格には臨床心理士、精神保健福祉士、スクールカウンセラー、産業カウンセラー、精神対話士などがあります。臨床心理士はうつ病やADHD,統合失調症などの疾患を持つ方を対象として病院で働くことが出来ます。精神保健福祉士とは精神障害を持つ方々の社会復帰や社会参加の支援などのサポートを行います。またスクールカウンセラーは不登校や引きこもりなど学校内での児童生徒、教師の心理的サポートを行います。そのため心理カウンセラーは病院や学校、老人保健施設、市町村の健康センターなど様々な分野で必要とされています。心理カウンセラーの専門学校は全国にたくさんあります。学校によってコースや費用、取得できる認定資格が異なります。土日も開講しているところがあり、社会人の方も通うことができます。また心理カウンセラーの通信教育を実施している学校もあります。通信講座は家の近くに専門学校がない方に便利です。通信講座は専門学校よりも安く学ぶことができ、資格取得も可能です。心理カウンセラーの専門知識はカウンセラーとして仕事をするだけでなく、あらゆる分野の仕事に応用できるが大きな魅力です。

Copyright© 2018 整体師になるには資格を取らなくても良い【一番の近道】 All Rights Reserved.